当前位置:日语 >> 实用日语 >> 阅读练习 >> 中国の夢と世界の夢

中国の夢と世界の夢

来源:日语论坛发表时间:2007/8/24字号:T|T
中国の夢とは何か?それは中華民族の復興を実現し、富強・民主・文明の、調和的な国家を建設することだ。(文:呉建民・外交学院院長)中国の夢が「調和世界」と結びつかなければならないのはなぜ...
中国の夢とは何か?それは中華民族の復興を実現し、富強・民主・文明の、調和的な国家を建設することだ。(文:呉建民・外交学院院長) 

  中国の夢が「調和世界」と結びつかなければならないのはなぜか?それは、中国の夢が持つ3つの際立った特徴によって決定づけられる。 

  第1、規模の大きさ。近代に台頭した国々の中で、最も際立つ例は米国だ。米国は1776年に独立し、1913年には1人当たり国内総生産(GDP)で英国を上回った。1914年当時の米国の人口は9800万人だった。今日台頭を続ける中国の人口は13億人だ。中国が台頭する過程で、どれだけの人々が自己の夢を実現できるかは想像に難くない。これはおそらく、人類史上先例のない規模となるだろう。 

  第2、分野の広さ。中国の台頭による需要は多様であり、各業種は一群、また一群と成功者たちを輩出している。彼らはすばらしい夢を持っており、また、たゆまぬ追求によって自己の夢を実現している。 

  第3、世界との分かち合い。中国の夢は中国人に止まらず、世界のものだ。この点は、時代的な特徴を鮮明に備えている。世界はすでに戦争と革命の時代から、平和と発展の時代へと移行している。これは国際関係における、最大の変化だ。時代は変わった。中国の夢は、ようやく世界の夢となる。30年前、外国の対中投資はゼロだったが、現在では直接投資は7千億ドル、合弁企業は60万社近くに達している。中国の夢を果たすために中国に来る外国人も、すでに少なくない。中国経済の活力は、青年を中心に各国の人々をどんどん引きつけている。 

  中国の夢と、調和のとれた世界には、どのような関係があるのか?関係は、あまりにも大きい。まず、中国と世界の相互依存度、および世界各国間の相互依存度が、今日ほどまでに深まったことはかつてなかった。中国と世界各国の共通利益が、今日ほどまでに多くなったこともかつてなかった。共通利益が増加しているだけでなく、人類が手を結び、試練に共同で対処する傾向も高まっている。気候変動、環境汚染、感染症、国際犯罪、テロリズム、大量破壊兵器の拡散といった試練に、単独で対処できる国がどこにあるだろうか?ない。人類は手を結ぶほかないのだ。 

  誰もが中国の台頭を口にするが、実際には、中国だけでなく、インド、東南アジア諸国連合(ASEAN)、ブラジル、メキシコ、南アフリカなどの国々も台頭の過程にある。これらの国々の人口を合わせると約30億人で、世界人口の半分を占める。世界人口の半分を占める国々の台頭がもたらす発展のチャンスは、人類史上かつてなかったことだ。これは発展途上国にとってチャンスであるとともに、先進国にとってもチャンスなのだ。 

  したがって、いわゆる調和のとれた世界とは、われわれ中国人が、われわれの中国が良いことを望むとともに、世界が良いことも望むことである。調和のとれた世界という理念の提唱には、外国人が中国に来て中国の夢を果たすことも、中国人が外国に行って中国の夢を果たすことも含まれる。中国と世界は、中国の夢を共に享受するのだ。 

  もちろん、調和世界を構築するには、人類はなお長い道のりを歩み、多くの障害を克服しなければならない。しかし人々は、1つ1つの障害を克服する過程で、まさにその夢を実現し続けていくのではなかろうか。
推荐阅读:
有趣的日文小故事:代理人2011/8/18
日文版论语“唯女子与小人为难养也”2014/4/2
古今和歌集卷第十物名2007/12/25
那位美丽的乡下姑娘2014/1/7
2011年12月日语能力考成绩查询

更多>>热点互动