当前位置:日语 >> 实用日语 >> 新闻速递 >> NHK:福岛事故调查检证报告书各异

NHK:福岛事故调查检证报告书各异

来源:NHK发表时间:2012/7/26字号:T|T
今天发表的政府事故调查检证委员会最终报告和已经发表的国会事故调查委员会以及民间事故调查委员会的结果又不一样的地方。作为代表性的区别是能够预测放射性物质发散的状况的系统SPEEDI.东京电力福岛第一核事故中因为作为系统预测的前提的放射性物质的发射源信息收到地震的影响无法得到,所以是利用事故发生时当天的假设的数据来预测的。
    
     今日の政府の事故調査検証委員会の最終報告の中にはすでに公表されている国会の事故調査委員会や民間の事故調査委員会の報告とは異なる結論になった問題もあります。その代表的な物は放射性物質の広がりを予測するシステムスピーディです。東京電力福島第一原発の事故で政府は原発事故の際に放射性物質の広がりを予測するスピーディと呼ばれるシステムについて予測の前提となる放射性物質の放出源の情報が地震の影響で得られず、事故発生の当日から仮のデータで予測していましたが、その結果を当時公表しませんでした。これに対し、政府の事故調査検証委員会は文部科学省は事故発生の当日から仮のデータで行っていた予測と住民の避難を検証し、放射性物質の放出源の情報は得られない場合でもスピーディを活用する用地はあったと結論付けています。このため、スピーディの予測が公表され住民が放射性物質が陸側に拡散している時には屋内とどまり海側に変わってから避難していれば被ばく量を最小限にできたとしてます。政府の事故調査検証委員会の最終報告がスピーディを活用する余地はあったと結論付けたことについて住民の避難誘導に当たった自治体の担当者は予測は公表されていれば町民の無用な被ばくが避けられた、国や県は今後今回の事故を踏まえた対策を徹底してほしいと話しています。全域が避難区域になっている福島県浪江町には事故の後、国や県から原発に関する情報は入らず、結果的に放射線量の高い場所に避難することになりました。
 
      今天发表的政府事故调查检证委员会最终报告和已经发表的国会事故调查委员会以及民间事故调查委员会的结果又不一样的地方。作为代表性的区别是能够预测放射性物质发散的状况的系统SPEEDI.东京电力福岛第一核事故中因为作为系统预测的前提的放射性物质的发射源信息收到地震的影响无法得到,所以是利用事故发生时当天的假设的数据来预测的。结果当时也没有公布。关于这一点,政府的事故调查检证委员会得到的结论是,文部科学省在事故放生的当天通过假设的数据来预测的结果证明及时在放射性物质的放射源不清楚的情况之下,也可以利用该仪器来进行分析。因此,SPEEDI的预测结果被公布的话,那么居民就可以在放射性物质往陆地一侧扩算时躲在房间内,在往海的一边扩散时避难了。这样可以控制被放射性物质辐射的量在最小限度。政府的事故调查检证委员会的最终报告认为SPEEDI有利用的价值,如果当时自治体的担当能够将结果公布的话就可以尽量减少被放射性物质辐射的量,今后希望国家和自治体都能够以这次的事件为教训,将政策实施彻底化。在福岛县的浪江町在事故之后被全部作为避难区域之后,国家和县关于核能发电的信息完全没有得到,因此造成了反而向放射性量比较高的区域避难了。
 
      避難誘導に当たった浪江町の谷田謙一課長は原発のプラントの状況など県の災害対策本部とはほとんどはやり取りがなかった。線量の高いところに避難していたのでなぜ早く情報を出してくれなかったのか、国に対する憤りを強く感じる、国や県、市町村は今後、今回の事故を踏まえた対策を徹底してほしいと話しています。また、警戒区域の福島県双葉町から避難している37歳の女性はこれで調査が終わるのは納得できず、今まで安全だと言われてきた原発で事故が起きたのだから、このままだとまた同じような事故が起きる可能性があると思う、2度と同じような事故を起こさないためにも、きちんと調査を続けるべきだと思いますだと話していました。同じく双葉町から避難している83歳の男性は今回の調査で本当に事故の原因がわかるか疑問だ、また原発の状態は不安定なので、どんな事故がおきるかかわからない、これで事故の調査は終わるのはまだ早いと話していました。
 
      负责避难指导的浪江町的谷田謙一課長关于核能发电的状况等与县的灾害对策本部基本没有交流。造成了居民往放射性物质高的地方进行避难,为什么不能够尽早提出这样的预测结果呢,对国家非常愤怒。国家,县,市町村要接受这次事情的教训将政策彻底执行。此外,从警戒区的福岛县双叶町来避难的37岁女性说对于这次的调查结果没有办法接受,到目前为止都号称是安全的核能发电站发生了事故,我认为今后可能发生同样的事情,为了不第二次发生同样的事故,因此想要继续进行调查。同样从双叶町来避难的83岁男性说这次的调查不能代表真的理解了事故的原因,此外因为核能发电还处于不安定的状况,还不知道会引起什么事故,因此现在说要结束事故调查太早了。
推荐阅读:
四川赴日打工仔娶回日本新娘2009/3/10
援助贫穷国家最富国家中日本最“抠门”2006/8/15
小泽一郎承认拿钱但否认自己违法2009/3/5
バス業界団体が自主安全指針2012/5/17
历年能力考真题解析

更多>>热点互动