当前位置:日语 >> 实用日语 >> 新闻速递 >> 「ヒップアップ」小林すすむさん死去…58歳、がん

「ヒップアップ」小林すすむさん死去…58歳、がん

来源:YAHOO JAPAN发表时间:2012/5/17字号:T|T
人気俳優小林すすむさんが16日午後10時45分、スキルス性胃がんと肝臓がんのため、都内の病院で死去した。58歳だった。

 1980年代にお笑いトリオ「ヒップアップ」で人気になり、その後は俳優として活躍した小林すすむ(本名・小林進)さんが16日午後10時45分、スキルス性胃がんと肝臓がんのため、都内の病院で死去した。58歳だった。

 関係者によると、小林さんは数年前から病気を患っており、今年2月、映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」の撮影終了後、病院で「余命2~3週間」の診断を受け入院していた。この日午後9時頃、危篤状態となり、最期は家族と関係者らにみとられた。

 小林さんは、今年1月のブログで「踊る―」の撮影について「すごく楽しい毎日」とつづっていた。9月7日公開の同映画が遺作となる。入院中は、病気を知った島崎俊郎らヒップアップのメンバー、コント赤信号、山田邦子らお笑い仲間が見舞金のカンパを募っていた。

 小林さんは、70年代後半に島崎、川上泰生と「ヒップアップ」を結成し、バラエティー番組「オレたちひょうきん族」などに出演。小林さんがギターを手にし、2人が「それでは お別れしましょう」などのネタを披露し、お茶の間の人気を呼んだ。

 90年代からは俳優として活躍。メガネ姿で存在感のある名脇役として、ドラマ「ロングバケーション」「花より男子」、映画「シベリア超特急」「踊る大捜査線」シリーズなどに出演していた。

 ◆小林 すすむ 本名・小林進。1954年4月15日、長野・上田市出身。ザ・ドリフターズらに憧れ、23歳でお笑いトリオ「ヒップアップ」結成。30代後半で俳優に転身し、テレビ、映画、CMで活躍。近年は、がん撲滅のための合唱団でも活動していた。

 实用单词解析:


◆ 肝臓  かんぞう   :  肝脏.
                                
 

 活躍 (かつやく): 活跃,活动。(めざましく活動すること。大いに手腕をふるうこと。) 

        
◆ 転身 (てんしん)   :(1)〔身をかわすこと〕转身.
(2)〔主義や生活方針を変えること〕[身分を]改变身分;[主義などを]改变信仰;[職業を]改变职业.

推荐阅读:
HTC首款平板电脑将上市日本2011/3/3
中国の人口、2033年に15億人の見通し2009/12/21
周庄在日本举行旅游说明会2007/10/12
日本女足主场2:0获胜阿根廷2008/7/31
历年能力考真题解析

更多>>热点互动