每月几百元,轻松拿本科

「アートメイク」に注意呼びかけ

信息来源:TBS 责任编辑:章悦 发表时间:2011/10/28 字号调整:字体缩小|字体放大

 針を使って眉毛や目元の皮膚に色を入れる「アートメイク」。若い女性を中心に人気となっていますが、医師免許のないエステサロンなどでの施術により、角膜が傷つくなどの被害が相次いでいるとして、国民生活センターが注意を呼びかけています。

 「(刺しているんですか?)そうです」
 「(針なんですか?)針です」

 針を使って皮膚のごく浅い部分に色素を注入する、アートメイク。眉やアイライン、唇などの色合いを美しく見せる施術で、“落ちないメイク”として、若い女性を中心に人気です。

 「朝も忙しいときにメイクの時間が短縮できる。すごく助かってます」(施術を受けた女性)

 施術には危険も伴い、「医療行為」として、医師や医師の指示を受けた看護師が行わなければなりません。

 「アートメイクという言葉が安易すぎる気がする。メイクというよりタトゥー(入れ墨)」(よしき皮膚科クリニック 吉木伸子院長)

 しかし、実際には、資格のないエステサロンなどで施術を受ける人が圧倒的に多いといいます。

 「近くて安くてということで選ばれている方が多いですし、受ける側も施術をしている側も、医療機関でないといけないというのを知らないという方も非常に多い」(よしき皮膚科クリニック 吉木伸子院長)

 国民生活センターによりますと、アートメイクにより、目やまぶたが腫れたり、角膜が傷ついたりしたといった被害の報告は、この5年間で121件寄せられています。このうち95%が医師免許を持たないエステサロンなどの被害とみられています。

 「あまり経験がない人がやると、こういう2本のラインに」(シロノクリニック 森智恵子医師)

 エステサロンによる施術で、目元に入れたラインがにじみ、2本になってしまった女性。こちらのクリニックでは、専用の窓口でアートメイクの被害相談にあたっていますが、最近では、「思ったような仕上がりではない」といった施術の不良を訴える相談も増えているといいます。

 「全体の需要が多い分、あとから、こうではなかったというトラブル、問題を抱えて受診する人が増えている」(シロノクリニック 森智恵子医師)

 アートメイクを消すには、時間も費用も倍以上かかるといい、国民生活センターは、「本当に必要かどうかを判断したうえで、医師免許のない者による施術は受けないこと」と注意を呼びかけています。(27日16:40)

该视频下载链接: 点击下载

Copyright @2017 上海新世界外国语进修学院 版权所有All rights reserved
沪ICP备08018177号-49 沪公网安备 31010102002001号