当前位置:日语 >> 实用日语 >> 新闻速递 >> 生肉「ユッケ」、男児死亡相次ぐ

生肉「ユッケ」、男児死亡相次ぐ

来源:TBS发表时间:2011/5/3字号:T|T
 富山県の焼肉店で、生肉のユッケを食べた小学1年生の男の子が死亡しました。さらに福井市の同じチェーン店でも、男の子1人が死亡していたことがわかりました。 集団食中毒が起きたのは、富山県砺波市の焼肉チ...

 富山県の焼肉店で、生肉のユッケを食べた小学1年生の男の子が死亡しました。さらに福井市の同じチェーン店でも、男の子1人が死亡していたことがわかりました。

 集団食中毒が起きたのは、富山県砺波市の焼肉チェーン店「焼肉酒家えびす砺波店」です。生肉のユッケを食べた小学1年生の男の子が腸管出血性大腸菌「O111」に感染し、腎臓障害などを引き起こす溶血性尿毒症症候群を発症して先月29日、死亡。

 さらに福井市の同じチェーン店でも、10歳未満の男児1人が死亡していたことがわかりました。別の店でも感染が確認され、患者は47人に上り、このうち19人が重症となっています。患者の1人で、同じチェーン店でユッケを食べた女性は・・・。

 「臭みとかなくて、おいしかったです。食べた翌々日に朝から気持ちが悪くなって、ずっとおう吐してしまうような1日が続いて・・・」(富山県内の同じチェーンでユッケを食べた女性)

 死亡した富山県の男の子も、ユッケを食べたことがわかっています。一体、何が起きたのでしょうか。「焼肉酒家えびす」を経営する石川県金沢市の「フーズ・フォーラス」は2日、会見を行いました。

 「生食と、食べられるということで販売しておりました。加熱しなきゃいけない肉であるとか、食べちゃいけない肉の販売は否定します」(フーズ・フォーラスの会見)

 フーズ・フォーラス側は東京・板橋区にある食肉卸売業者から肉を卸していました。ユッケの肉は、生で食べられる基準を満たしていない加熱用の肉でしたが、フーズ・フォーラス側は、この業者がアルコール消毒した上でユッケ用としてすすめていたと主張。

 一方、食肉卸売業者側は加熱肉しか扱っておらず、板橋区の立入検査の結果、肉は加熱用として店に卸していたことがわかっています。

 ユッケ用の生肉の安全基準は、どうなっているのでしょうか。厚生労働省は1998年に生で食べる肉について、安全性確保の通知を出しています。しかし、この通知には強制力や罰則はなく、あくまでも生で提供するかどうかは、飲食店側の責任なのです。感染したO111とは・・・。

 「『O157』と似ていて腸の中で出血を起こす。(溶血性尿毒症症候群を発症すると)腎臓の中の尿細管という部分が破壊されるので、腎不全になるので命に関わるような状態になる。若い子ども・高齢者に病原性大腸菌は感染しやすい」(医学博士 森田豊氏)

 警察は焼肉チェーン店について、業務上過失致死の疑いも視野に調べを進めています。(02日18:00)

该视频下载链接: 点击下载

推荐阅读:
三洋大米面包机大受好评2010/12/6
日銀総裁「良い方向にサプライズ」2011/6/15
陝西館でカン陽旬始まる2010/7/21
美少女川岛海荷首主演连续剧2011/1/13
2011年12月日语能力考成绩查询

更多>>热点互动