当前位置:日语 >> 文化娱乐 >> 日本历史 >> 孔子と儒家思想

孔子と儒家思想

发表时间:2011/3/28字号:T|T
中国の伝統文化について言えば、どうしても言わなければならない人物がいて、それは孔子である。1970年代、アメリカのある学者が人類の歴史上重要な影響を持つ100人の名人をランクした際、中国の孔子をイエスや釈迦...

   中国の伝統文化について言えば、どうしても言わなければならない人物がいて、それは孔子である。1970年代、アメリカのある学者が人類の歴史上重要な影響を持つ100人の名人をランクした際、中国の孔子をイエスや釈迦などについで、第五位にランクした。一方、中国人にとっては、孔子の影響力は恐らくトップだろう。すべての人は多かれ少なかれ孔子学説の影響を受けていると言えるだろう。 

   孔子は中国儒学の創始者である。二千年来、中国では儒教思想の影響は政治、文化などの面だけでなく、中国人の行動と思考方式にも及んでいる。儒教思想を中国の宗教思想として見なす外国の学者もいるそうだ。事実上、儒教はただ中国古代にはやっていた諸学派の一つで、一種の哲学思想であり、宗教ではないのである。ただし、儒教は中国の二千年にわたる封建社会の中で、正統的な思想として位置付けられ、長期的には独占の地位を占めていた。 

   孔子の思想は中国文化に深い影響を及ぼしただけでなく、アジアの一部の国にも影響を与えた。今日にも、華僑や海外にいる中国人の足跡が全世界に残したことから、孔子思想の影響はすでに中国とアジアを越えているだあろう。 

   孔子は紀元前551年に生まれ、紀元前479年に死去した。古代ギリシャの有名な学者アリストテレスより百年あまり早い。孔子はまだ三歳の時に、父親に死なれ、その後、母親と一緒に現在の中国東部にある山東省に定住した。孔子の名前は孔丘と言う。「孔子」は人々が彼に対する尊称である。中国では昔、苗字の後に「子」という字をつけることによって、この人への敬意を表す呼称になるのである。 

   孔子が生きた時代は中国歴史上の春秋時代である。その時期、統一した国のシステムが破れ、数多くの小さな諸侯国が現れた。孔子は魯の国に生活していた。魯の国は当時最も文化が発達した国である。

   孔子は一生高官を務めたことがないが、非常に豊かな学問を持っている。昔の中国では、教育を受けることは貴族の特権である。しかし、孔子は独特な形で、この種の貴族の特権を打ち破った。孔子は自ら学生を募集して講義をしていた。どんな階級の人でも、少量の学費とされる物品を納めば、孔子の弟子として勉強することができる。孔子は学生達に自分の政治主張と倫理思想を大いに宣伝した。言い伝えによると、前後三千人あまりが孔子に教わり、そのうち、数人が孔子に匹敵するほどの有名な学者になった。これらの人たちは孔子の思想を受け継いだ上で、これを幅広く発展・普及させた。 

   では、どうして孔子の学説は中国の封建社会でずっと統治的な地位を占めたのであろう?これはそんなに容易にはっきり説明できる問題ではない。簡単に言えば、その厳格な等級思想と政治改良の思想は統治階級の利益に符合すると同時に、当時の社会の安定と発展にもプラスであるからだ。孔子は厳しい倫理規範と秩序を強調し、部下が上司を逆らうことまたは息子が父親を逆らうことは、いずれも大きな罪だと見ている。孔子の理論に従えば、国の君主としてはよく国を治め、平民としては君主に忠実しなくてはならない。人それぞれは複数の身分を持っており、息子であると同時に、父親でもあり、臣下でもあることも可能だから、違う場で厳しい尊卑の限界を保つべきだ。このようにしてこそ、国は安定し、人民も安定した生活を送れると説いている。 

   孔子の学説が現れた当初、直ちに主流思想になれなかった。紀元前二世紀に入ってから、当時の中国はすでに強大で統一した中央集権の国になった。統治者は孔子の理論が封建社会の安定維持にプラスだということに気づいたことから、国の正統的な学説思想として定めたのだ。 

   孔子の言行を記したのは『論語』という本である。その本の内容は主に孔子の語録とその弟子達との会話録である。昔の中国ではこの本はまさに『バイブル』みたいな経典として尊ばれていた。普通の平民であれば、この本の思想で自分の生活を指導しなければいけない。また、出世しようとする人もこの本の真髄をよく理解しなければいけない。昔、中国では「『論語』半冊で天下を治める」という言い方があり、すなわち、『論語』にある半分の理論を覚えることができれば、国を治める十分な才能を備えるという意味である。

   実は、『論語』は説教に満ちた本ではなくて、内容が豊かで、言葉がイキイキしたもので、いたるところで智慧の輝きを光っている。この本の中で、孔子の言論は多くの面に及ぼし、読書や音楽に関するものもあって、遊楽や人との付き合いなども含まれている。そのうち、子貢という弟子が国を治めることについて孔子に尋ねることが書かれている。軍隊、食糧と人民の三者のうち、必ず一つ放棄するならば、どちらを放棄したらいいかと。孔子は少しもためらったことなく、「軍隊」と答えた。

 孔子の学説には非常に内容が豊かなもので、そのうちのたくさんのものが今でも高い価値を持っている。『論語』の中の一部の言葉は、今日、中国人がよく用いる俗語になっている。例えば、子が曰く「三人歩けば、必ずわが師あり」。人それぞれが長所を持っていることから、お互いに学ばなければならないということを戒めているのである。

推荐阅读:
日本人眼中的“七七事变”2009/2/6
日本人的姓氏为何五花八门2010/1/13
三箭的誓言2008/8/9
日本史上的今天之11月26日2012/11/28
2011年12月日语能力考成绩查询

更多>>热点互动