每月几百元,轻松拿本科

香川漆器

发表时间:2011/1/31 字号调整:字体缩小|字体放大

   香川漆器(かがわしっき)とは、香川県で生産される漆器である。讃岐漆器あるいは高松漆器とも呼ばれることがある。江戸時代前半の寛永15年に水戸徳川家から高松藩に入封した松平頼重が漆器や彫刻に造詣が深く、これを振興したことに始まる。 江戸時代末期、玉楮象谷(たまかじぞうこく)は大陸伝来の彫漆(ちょうしつ)、蒟醤(きんま)、存清(ぞんせい)などの研究から独自の技法を創案し、やがて香川漆芸の礎を築きあげた。現在では彫漆、蒟醤、存清、後藤塗、象谷塗の5つの技法が国の伝統的工芸品に指定されている。 後継者育成施設として、香川県漆芸研究所や高松工芸高校があり、多くの著名な漆芸家を輩出している。

      香川漆器是在香川生产的漆器。有时也称之为讃岐漆器或是高耸漆器。江户时代前半款用15年,从水户德川家入封高松藩的松平赖重对漆器和雕刻很有造诣,开始振兴漆器。江户时代末期,玉楮象谷从研究大陆传来的雕漆、蒟酱、存清等中开创了自己独特的技法,不久就构成了香川漆艺的基础。现在雕漆、蒟酱、存清、后藤涂、象谷涂5中技法已经被指定为国家传统工艺了。培育继承者的设施有相传先漆艺研究所和高松工艺高中,培育出了很多著名漆艺家。 
 

Copyright @2017 上海新世界外国语进修学院 版权所有All rights reserved
沪ICP备08018177号-49 沪公网安备 31010102002001号