当前位置:日语 >> 实用日语 >> 新闻速递 >> 孤独死 公営団地で1191人

孤独死 公営団地で1191人

来源:毎日新聞发表时间:2010/10/27字号:T|T
<孤独死>公営団地で1191人 65歳以上は7割超 都道府県や政令市、県庁所在地の計98自治体が運営する公営団地で09年度に誰にもみとられることなく孤独死した人が少なくとも1191人で、このうち65歳...

   <孤独死>公営団地で1191人 65歳以上は7割超 

 都道府県や政令市、県庁所在地の計98自治体が運営する公営団地で09年度に誰にもみとられることなく孤独死した人が少なくとも1191人で、このうち65歳以上の高齢者が879人と73.8%を占めていることが毎日新聞の全国調査で分かった。これとは別に、UR(都市再生機構)団地で起きた65歳以上の孤独死472人を合わせると、1日に4人弱の高齢者が孤独死していることになる。【三木陽介】

   厚生労働省や警察庁は孤独死の統計を取っていない。孤独死問題に詳しい北九州市立大の楢原真二教授によると、弱者救済の観点から「60歳以上の単身者」の入居を例外で認めているため高齢化しやすいといわれる公営団地の孤独死の実態が明らかになるのは初めて。 

 調査によると、98自治体の公営団地の総入居戸数は約143万戸で、全国の公営団地の総入居戸数(約179万戸)の約8割にあたる。65歳以上の孤独死者879人の内訳で最も多かったのは、東京都営の約400人(正確な人数は非公表)。続いて、大阪府営130人▽神戸市営73人▽名古屋市営42人--と大都市が上位を占めた。143万戸のうち、65歳以上の単身入居者は約25万8000戸で約18%。自治体別では、大津市(34.5%)▽岐阜市(34.4%)▽神戸市(31.7%)▽岡山市(30.7%)--の順に高く、地方都市でも孤独死に直面している実情が浮き彫りになった。

 实用单词解析:   

◆ 運営(うんえい):[名·他サ] 运用;经营。

◆ 実態(じったい):[名] 真实情况;实际状态。

◆ 浮き彫り(うきぼり):[名·他サ] 浮雕;刻划;使形象突出。○ 浮き彫りにする/刻成浮雕。
 
推荐阅读:
日本前外交官救出数千犹太人2007/6/19
指原莉乃HKT48首秀、秋元康观众席关注2012/7/6
日本黄金长裙和泳衣372万天价2007/7/10
华人音乐家将歌声送入日本乡村2011/3/10
历年能力考真题解析

更多>>热点互动