当前位置:日语 >> 文化娱乐 >> 风土人情 >> 和三盆

和三盆

发表时间:2010/10/20字号:T|T
和三盆(わさんぼん)とは、主に香川県や徳島県などの四国東部で伝統的に生産されている砂糖の一種である。黒砂糖をまろやかにしたような風味を持つ。日本では江戸時代に砂糖の存在が既に知られていたが、サトウキビ...

   和三盆(わさんぼん)とは、主に香川県や徳島県などの四国東部で伝統的に生産されている砂糖の一種である。黒砂糖をまろやかにしたような風味を持つ。

   日本では江戸時代に砂糖の存在が既に知られていたが、サトウキビの栽培地は南西諸島に限られており、作られる砂糖も黒砂糖が一般的であった。

   やがて徳川吉宗が享保の改革において全国にサトウキビの栽培を奨励すると、高松藩が特産物創生と財源確保を目的としてこれに呼応した。

   その後徳島藩でもサトウキビが育てられるようになり、領内各地で栽培できるまでなった。しかし精糖の方法については不明だったため、他国における秘伝扱いの情報を収集し、高松藩とほぼ同時期の1800年代前半に精糖方法を確立させた。徳島県で生産されている和三盆を阿波和三盆糖、香川県で生産されている和三盆を讃岐和三盆糖と呼ぶ。

   和三盆は貴重な特産品として諸国へ売りに出され、全国の和菓子や郷土菓子の発展に大いなる貢献を果たした。

      和三盆是主要在香川县、德岛县等四国东部生产的传统砂糖。拥有黑砂糖的醇和。

      在日本大家都知道在江户时代就已经有砂糖了,但是甘蔗只限于西南诸岛,制作的砂糖也是一般的黑砂糖。

      不久德川吉宗进行享保改革,在全国范围内奖励甘蔗栽培。高松藩以特产生产和确保财源为目的进行响应。

      之后德岛藩也开始培育甘蔗,在各地栽培。但是因为糖精的方法不明确,所以收集其他国家的秘方,于1800年几乎和高松藩同时期确立了糖精制作方法。在德岛县生产的和三盆叫做阿波和三盆糖,香川县生产的和三盆成为赞岐和三盆糖。

      和三盆作为贵重的特产出售各国,对日本和点心和乡土点心的发展起了很大贡献。
 
推荐阅读:
日本生活小百科2012/9/26
酱油2010/12/8
新春吉书2011/1/11
人偶满街 日本迎来女儿节2009/2/23
历年能力考真题解析

更多>>热点互动