当前位置:日语 >> 实用日语 >> 新闻速递 >> 菅内閣支持率下落、52.6%に

菅内閣支持率下落、52.6%に

来源:TBS发表时间:2010/7/5字号:T|T
 政権発足からおよそ1か月。JNNの世論調査によりますと、今月の菅内閣の支持率は15ポイント余りダウンして52.6%となりました。 調査は3日、4日に行いました。それによりますと、菅内閣を「支持する」...


 政権発足からおよそ1か月。JNNの世論調査によりますと、今月の菅内閣の支持率は15ポイント余りダウンして52.6%となりました。

 調査は3日、4日に行いました。それによりますと、菅内閣を「支持する」人は52.6%、「支持しない」人は46.0%でした。政権発足から1週間後の調査では支持率は68%に上っていましたが、1か月足らずで50%台にまで落ち込んでしまいました。「支持できない理由」としては「政策に期待できない」と答えた人が51%と最も多くなっています。

 「政党支持率」は、民主党は5ポイント余りダウンして30.6%、自民党は3ポイント余りアップして16.6%となっています。

 今回の参議院選挙の「比例代表」の投票先としては、民主党は9ポイント余りダウンして29%、自民党は17%、みんなの党が8%と三番手につけています。

 連立政権について聞いたところ、「民主党単独政権」を望む人は21%と2割余りにとどまり、「民主党と他党との連立政権」を望む人が53%と過半数を超えています。この「連立政権を望む人」に民主党にふさわしい連立のパートナーを聞いたところ、トップは「みんなの党」(15%)で、次いで「自民党」(11%)、「社民党」(9%)、「国民新党」(8%)という結果となりました。

 「財政再建のための消費税増税」については過半数の人(56%)が賛成と答え、菅総理が消費税率の引き上げに言及したことについても52%の人が評価すると答えています。

 また、今回の参院選で重視する「政策や争点」については「景気・雇用対策」が51%と最も多く、次いで「年金・医療制度改革」(46%)、「天下りや無駄使いの根絶」(44%)、「消費税など財政再建」(38%)といった順になっています。(05日01:16)

推荐阅读:
変化する「出荷制限」 現場は混乱2011/4/14
日本奥林巴斯关闭工厂逃避中国新劳动法2007/11/16
逾三分之一日企裁员应对金融危机2008/12/12
中国女孩奋战日本艺能界加入早安少女组获认可2008/2/22
历年能力考真题解析

更多>>热点互动