当前位置:日语 >> 实用日语 >> 新闻速递 >> キルギス、新憲法案是非の国民投票終了

キルギス、新憲法案是非の国民投票終了

来源:TBS发表时间:2010/6/28字号:T|T
 4月に前の政権が崩壊するなど混乱が続く中央アジアのキルギスで、27日に新しい憲法案の是非と、暫定大統領の信任を問う国民投票が行われました。 今回の国民投票は、今年4月のバキエフ政権の崩壊後、今の暫定...


 4月に前の政権が崩壊するなど混乱が続く中央アジアのキルギスで、27日に新しい憲法案の是非と、暫定大統領の信任を問う国民投票が行われました。

 今回の国民投票は、今年4月のバキエフ政権の崩壊後、今の暫定大統領を認めるかどうか、そして今後、大統領の権限を大幅に縮小することと議会制への移行などを盛り込んだ新しい憲法の是非を国民に問うものです。首都・ビシケクの投票率は70%台とみられています。

 一方、今月、キルギス人とウズベク系住民の民族衝突で250人以上の死者が出た南部の町・オシでは、いまだに緊張状態が続いています。双方が最初に仕掛けてきたのは相手の方だと主張していて、また攻撃されるのではないかと不安な気持ちを抱えたままです。

 「私たちはウズベク系住民の人たちと仲良く暮らしてきました。最初に彼らが私たち(キルギス人の)女性に暴行を加えてきた。それが始まりだったんです」(難民キャンプのキルギス人女性)

 民族衝突があったオシの投票率は治安への不安からほかの町よりかなり下回るものとみられていますが、オトゥンバエワ暫定大統領は「今回の国民投票で大多数の国民の信任を得た」と発表しています。(28日05:15)
推荐阅读:
日本流行语颁奖福田感言让人费解2008/12/3
米大統領、任期中の中東和平に意欲2008/1/11
NHK:日本银行董事长黒田纽约发表演讲显示对日本经济前景的信心2014/10/20
宇宙に5か月半、野口さんが無事帰還2010/6/2
历年能力考真题解析

更多>>热点互动