当前位置:日语 >> 文化娱乐 >> 风土人情 >> 七草粥

七草粥

发表时间:2010/5/7字号:T|T
七草(ななくさ)は、人日の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入った羮を食べる風習のこと。本来は七草と書いた場合は秋の七草を指し、小正月1月15日のものも七種と書いて「ななくさ」と読むが、一般には7日正月のも...

   七草(ななくさ)は、人日の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入った羮を食べる風習のこと。本来は七草と書いた場合は秋の七草を指し、小正月1月15日のものも七種と書いて「ななくさ」と読むが、一般には7日正月のものが七草と書かれる。現代では本来的意味がわからなくなり、風習だけが形式として残ったことから、人日の風習と小正月の風習が混ざり、1月7日に「七草粥」が食べられるようになったと考えられる。  

      正月初七吃七草粥,在日本这个习俗最早始于平安时代。岁末年初的寒冷季节,古人们相信新芽嫩草的生命力有避却一年邪气和灾祸的功效。

      在1月7日这一天,一般的超市都会贩卖搭配好的“七草”套盒。所谓七草,就是七种春天的青叶野菜:すずしろ(萝卜叶)、せり(水芹)、なずな(荠菜)、ごぎょう(母子草)、はこべら(繁缕)、ほとけのざ(宝盖草/稻槎菜)、すずな(蔓菁)。 


 
推荐阅读:
一口香2010/10/27
实拍镜头:东京“过年派遣村”①2009/1/5
日语谚语天天记周汇总92012/8/21
酱油2010/12/8
历年能力考真题解析

更多>>热点互动