当前位置:日语 >> 实用日语 >> 新闻速递 >> 未明の強行採決、深まる与野党対立

未明の強行採決、深まる与野党対立

来源:TBS发表时间:2009/11/20字号:T|T
 国会では、20日未明に中小企業への借入金の返済猶予を促す法案が衆議院を通過しましたが、与党側が自民・公明が欠席のまま採決に踏み切ったことで与野党の対立はさらに深まっています。 政権交代後初めて...


 国会では、20日未明に中小企業への借入金の返済猶予を促す法案が衆議院を通過しましたが、与党側が自民・公明が欠席のまま採決に踏み切ったことで与野党の対立はさらに深まっています。

 政権交代後初めての法案採決が強行的な形で行われたことに対して野党側は強く反発、20日も各委員会では与党のみで、法案の採決が繰り返されることになります。

 「強行採決でなくて、審議拒否ですよね。審議拒否みたいなことをお互いにやるべきではないなと、そう思いますよ」(鳩山首相)

 鳩山総理は20日朝、このように述べて野党側を批判しましたが、この発言に野党側はさらに反発、また連立を組む社民党の福島大臣からも「強行採決はすべきでない」と批判的な声があがっています。

 「こんなバカな話がありますか。総理大臣の見識を疑う」(自民党 川崎二郎国対委員長)

野党側は今回の強行採決を「理不尽な暴挙だ」と批判し、20日、ほとんどの委員会を欠席する方針です。

 対応が急がれる新型インフルエンザ対策法案も20日午後、自民、公明欠席のまま採決が行われる見通しですが、こうした対応に野党側はさらに反発を強めており、この影響で全会一致で委員長提案での成立を目指してきた肝炎対策基本法案の成立が不透明な情勢になっています。

 「政権交代したにもかかわらず国会は何も変わっていない」との声もあがる中、与党三党は20日昼前、国対委員長会談を開いて残る全ての法案について週明けの24日に衆議院を通過させることで一致しました。

 法案の成立を急ぐ与党に対して、野党側は「献金疑惑隠しだ」との批判を強めており、与野党の対立はさらに深まっていくことが予想されます。(20日11:26) 

推荐阅读:
日本首相与韩俄总统讨论领土问题2008/7/10
鸠山20年前灌录唱片成烫手货2009/9/11
NY原油最高値、一時143ドルに迫る2008/6/30
コモロ館ナショナルデー開催2010/7/9
2011年12月日语能力考成绩查询

更多>>热点互动