当前位置:日语 >> 实用日语 >> 阅读练习 >> 趣味日语--幽默笑话(中日对照)

趣味日语--幽默笑话(中日对照)

来源:日语论坛发表时间:2006/5/24字号:T|T
東西南  奥さんが,子供(こども)を抱(だ)いて,表(おもて)でひなたぼっこをしていますと,道(みち)を通る(とおる)人が,子供を指差し(ゆびさし),「ほんとに,この子(こ)は,東西南(とうざいなん)...

東 西 南
  奥さんが,子供(こども)を抱(だ)いて,表(おもて)でひなたぼっこをしていますと,道(みち)を通る(とおる)人が,子供を指差し(ゆびさし),「ほんとに,この子(こ)は,東西南(とうざいなん)じゃなあ。」といって通ってゆきました。 
 
   奥さんは,誉(ほ)められたと思い,嬉(うれ)しそうに家(いえ)に入ると,ご亭主(ていしゅ)に言いました。  

  「のうのう,おまえさん。どこの人か知らないが,この子のことを,東西南じゃと,とても誉めていかれましたぞ。」というと,ご亭主,「風呂(ふろ)にでも入れて,表へつれてでな。東西南とは,北(きた)ないということだぞ。」


中译文:                

东西南


  夫人抱着小孩在外面晒太阳,有一个过路人手指着孩子说道:“这孩子真是东西南啊!”说完就走了。

  夫人以为人家是夸奖孩子,高高兴兴地回到家对丈夫说:“喂,你瞧啊,有一个不知哪里的人说这孩子是东西南,特别夸奖他呢。”

  丈夫听了之后说道:“你带孩子出去时,要先给他洗洗澡啊。所谓东西南,就是没有北,这是说脏的意思啊。”

  (注:在日语中“没有北”[北(きた)ない]与“脏”[汚い(きたない)]发音相同。)

 

つ も り


  あるけちん坊(ぼう)な男がおりました。  

     毎日毎日,ご飯どきになると,うなぎ屋(や)の前へでかけていっては,腹(はら)いっぱい匂い(におい)を嗅ぎ(かぎ),家へ飛んで帰って,ご飯を食べるのでした。  

    それに気がついたうなぎ屋の親父(おやじ)は,「なんちゅうけちだ。よし,あのようなやつから,匂いの嗅ぎ賃(ちん)を取ってやろう。」と,さっそく帳面(ちょうめん)につけておき,月末になると,嗅ぎ賃を取りにやってまいりました。      すると,けちんぼうな男は,「おれは,うなぎ屋に借金(しゃっきん)はないぞ。」  

   「いやいや,これは,かば焼きの嗅ぎ賃でございます。えー,しめて八百文。匂いを嗅いで食べたつもりになっていられますので,こちらも,食わせたつもりで銭(ぜに)を取りに来ました。」  

   うなぎ屋が,すましていうと,男は仕方(しかた)なく,懐(ふことろ)から八百文取り出し,いきなり板(いた)の間(ま)へほうり出しました。  

   チャリン。  


   お金(かね)が,けいきのいい音をたてるのを聞いてから,けちんぼうな男は,「それ,取ったつもりで,銭の音を聞いて,帰(かえ)んな。」


中译文:               


只当是……

 

  过去,有一个很吝啬的人。
  每天一到吃饭时间,他就到烤鳗鱼店的前边去,足足地闻够了香味儿,然后就飞快地跑回家,赶紧吃饭。
  烤鳗鱼店的老板发现了这件事,心里想:“这个人太吝啬了。好啊,既然他是这样的家伙,我就去收他的闻味钱。”
  于是就马上记帐,到了月底,就到那个吝啬鬼家里收钱去了。
  吝啬鬼说:“我没欠烤鳗鱼店的钱。”
  “不,不,这是烤鳗鱼的闻味儿费。共是八百文。因为您闻了味儿就只当是吃了,所以我们也就只当给您吃了,因此才来收钱。”
  烤鳗鱼店的老板说得一本正经,吝啬鬼没办法,于是从怀中掏出了八百文钱,猛地摔在地板上。
  当啷——!
  随着那钱发出一声清脆响亮的声音,吝啬鬼大声说道:“好啦!你就只当是收了钱,听听这声音,就回去吧!”

 

遺言(ゆいごん)


 あるところに,たいへんへそまがりな息子(むすこ)がおりました。  

 

  親父(おやじ)が病気になり,もう死ぬという時に,息子を呼んで,「もはや,わしも,この世(よ)におさらばじゃ。いっておくが,わしが死んでも,必ず(かならず)、葬式(そうしき)などはするなよ。こもに包んで(つつんで),川(かわ)へながせ。」と,心にもないことを言いました。  


  実は,この親父,前前(まえまえ)から,息子のへそまがりぶりを知っていましたから,遺言(ゆいごん)は,反対(はんたい)の事を言っておけば,立派(りっぱ)な葬式をするだろうと思ったのです。  


  ところが,親父の遺言をじっと聞いていた息子,「安心してください。これまで,親(おや)のいうことは,何一つ(なにひとつ),聞かなかったから,せめて,一生(いっしょう)に一度ぐらいは,言われた通りにしましょう。」


中译文:                


遗 嘱

 

  在一个地方,有一个脾气很倔的儿子。


  父亲生病临死前,将儿子叫到身边说:“我已经快要告别这个世界了,记住,我死后一定不要举行葬礼。把尸体卷在草席里扔到河里去。”


  其实,这些并不是父亲的真心话。他早就知道儿子和人做对的怪脾气,所以想如果在遗嘱中说反话,也许能够使儿子为他举行一个隆重的葬礼。


  可是,儿子认真地听了父亲的遗嘱后说道:“请您放心。以前我没有听过父母的一句话。至少,在一生中,我要有一次按照您说的去做。”

 

やぶ医者


 向こうから,お医者(いしゃ)がやってきました。そこへ店(みせ)の小僧(こぞう)が,かけてきてぶつかり,医者は,弾み(はずみ)でで転(ころ)んでしまいました。  

 

 「ああ,危ないではないか,これ。」


  医者は立ち上がって,小僧の襟首(えりくび)をつかまえ,手をあげて叩(たた)こうとしますと,小僧が,「足で蹴(け)るのは構(かま)いませんが,手でぶつのだけは,ご勘弁(かんべん)ください。」と言います。 


 医者は,可笑(おか)しなことを言うものだと思って,「はて,なぜ,そのようなことを言う?」と聞くと,小僧,「足で蹴られても,命(いのち)はなくなりませんが,お手にかかると,とても助(たす)からないと,もっぱらの評判(ひょうばん)でございますから。」


中译文:                


庸  医

 

  从对面走来一位医生,正在这时,店里的小伙计跑过来撞上了他,医生一下子被撞倒在地上了。


  “啊,这不是太危险了吗?”


  医生站起来,揪住小伙计的脖颈抬手就要打。小伙计说道:“用脚踢没有关系。请您饶了我,就是别用手打。”


  医生觉得他说这话很奇怪,就问他:“你为什么这么说话?”小伙计回答说:“挨您脚踢,总不至于丢了性命,人家都说,要是落到您的手里,那可就没救了。”

 

表  札


 お盆休み(ぼんやすみ)に帰ってきた者(もの)同士(どうし)は,お喋り(おしゃべり)をしております。  

 

 一人の男が,「おれのところの主人(しゅじん)ほど,物覚え(ものおぼえ)の悪い主人はいないぞ。」というと,ほかの男,「はて,そりゃあなぜだい。」  


 「うん,いつもいる奉公人(ほうこうにん)の名前を,二度も三度も聞いても,まだ,覚えられねえそうで,紙に書きつけているのだ。」


  すると,そばからほかの男が,「お前のところの主人は,まだよいほうだぞ。おれんとこのだんなは,そんなどころのさわぎじゃねえな。自分の名前を忘れるそうで,板へ書いて,表(おもて)の門(もん)のところに,釘(くぎ)でぶっつけておくんだから……。」


中译文:                


铭  牌

 

  盂兰盆节休假回家的人们正在闲聊。


  一个男人说:“没有比我们那位主人记性更坏的主人啦!”


  另一个男人问:“哎,那是为什么呢?”


  “告诉你啊,长期在他家干活的伙计的名字,他问了两三遍好象还记不住,于是就写在纸上。”
  听了这话,旁边又有一个男人说道:“你们主人还算好的呢?我们家的老爷,那就更厉害啦。好象是连自己的名字也记不住,于是就写在一块木板上,用钉子钉在大门口……。”

留  守


 「ごめんください。」  

 

  「誰だ?」  


  「へい,横町(よこちょう)の米屋(こめや)でございます。お勘定(かんじょう)をいただきにまいりました。」  


  「ああ,米屋か。留守(るす)じゃ。」  


   確かに中から浪人(ろうにん)の声がします。  


   米屋は,指に唾(つば)をつけ,障子(しょうじ)に孔(あな)を開(あ)けて覗(のぞ)く確かに浪人がこたつにあたっています。  


 「もしもし,留守だとおっしゃいますが,だんなはそこにいるじゃありませんか。」と,障子の孔から覗きながら,米屋がいうと,浪人は「こら,ぶれいものッ!障子になぜ孔を開けた?

推荐阅读:
乞者也有欺诈切勿大意2007/9/14
北風と太陽(きたかぜとたいよう)2011/8/19
【中日对照】厦門通信(三)/厦门通信(三)(鲁迅《华盖集续编补编》)2008/4/15
【中日对照】『華蓋集』題記/《华盖集》题记(鲁迅)2008/3/11