当前位置:日语 >> 实用日语 >> 新闻速递 >> 小室哲哉被告、起訴事実大筋認める

小室哲哉被告、起訴事実大筋認める

发表时间:2009/1/21字号:T|T
 注目の裁判が始まりました。音楽プロデューサー、小室哲哉被告らが曲の著作権をめぐって、投資家から5億円をだまし取ったとされる事件の初公判が開かれ、小室被告は大筋で起訴事実を認めました。 午前10...

 



 



 注目の裁判が始まりました。音楽プロデューサー、小室哲哉被告らが曲の著作権をめぐって、投資家から5億円をだまし取ったとされる事件の初公判が開かれ、小室被告は大筋で起訴事実を認めました。  午前10時、緊張した面持ちで法廷に入った小室被告は、裁判官と傍聴人席に一礼し、静かに証言台につきました。そして、名前と職業を聞かれ、「小室哲哉です。音楽家です」と小さな声で答えました。  「お騒がせしました」(小室哲哉被告)  小室被告は開廷の2時間半前の午前7時半、大阪地裁に入りました。起訴状によりますと、小室被告は、グループ会社「トライバルキックス」の取締役だった木村隆被告と共謀し、2006年7月、投資家の男性に、自らが作曲した806曲の著作権を売却する話を持ちかけて、5億円をだまし取った詐欺の罪に問われています。  法廷で起訴事実について聞かれた小室被告は、「おおよそ合っています」と答えた後、「これから詳しく聞いて確かめたい」と、か細い声で話しました。  続く冒頭陳述で検察側は、2005年の時点で元妻への慰謝料や借金などおよそ17億8000万円の負債があったと述べ、被害者と会う前の木村被告らとの打ち合わせで小室被告が「著作権が二重譲渡されていることは言わなくていいよ」と話したとして、だますつもりがあったと指摘しました。  小室被告側は執行猶予付きの判決を求めていく方針ですが、被害額が5億円と大きいことから実刑を受ける可能性もあり、今後、被害者への弁済がどの程度なされるかが、判決に影響しそうです。(21日11:42)  

下载地址:点这里下载-> 点击这里下载原文视频
(本网站视频文件将在10日后进行删除)

推荐阅读:
旭山动物园开始冬季企鹅散步活动2010/12/20
海自の訓練中死亡で4人を書類送検2009/6/10
日本女性当选“熊猫守护使”2010/9/30
小泽征尔被发现患了食道癌2010/1/7
2011年12月日语能力考成绩查询

更多>>热点互动