当前位置:日语 >> 实用日语 >> 阅读练习 >> 中国の無産階級革命文学と先駆者の血

中国の無産階級革命文学と先駆者の血

来源:日语论坛发表时间:2008/6/3字号:T|T
中国の無産階級革命文学は、今日と明日のさかい目にうまれ、侮蔑と圧迫のなかに成長し、ついに最も暗黒ななかで、われわれの同志の鮮血をもって最初の文章を書いた(左翼作家連盟の人たちが一九三一年二月に殺されたことをいう)。

 中国の無産階級革命文学は、今日と明日のさかい目にうまれ、侮蔑と圧迫のなかに成長し、ついに最も暗黒ななかで、われわれの同志の鮮血をもって最初の文章を書いた(左翼作家連盟の人たちが一九三一年二月に殺されたことをいう)。

 わが国の勤労大衆はこれまで最もはげしい圧迫と搾取をうけるだけで、識字教育のめぐみにもあずからず、ただ黙々としてその身を屠殺と滅亡とにゆだねた。繁雑な象形文字は、また彼らに自習する機会をもたせなかった。知識青年たちは、自分たちの先駆者としての使命を意識すると、まっさきに戦いの叫びをあげた。この戦いの叫びは勤労大衆自身の反逆の叫び声と同じように、統治者を恐れさせ、走狗の文人は一せいに起って攻撃を加え、あるいはデマを製造し、あるいはみずからスパイになった、しかもそれは暗がりでこっそり活動し、すべて匿名でなされ、彼ら自身が暗闇の動物であることを証明したにすぎない。

 統治者も走狗の文人が無産階級革命文学に太刀打ちできないことを知っている、そこで書籍や新聞雑誌の発行を禁止し、書店を閉鎖し、悪出版法を公布し、著作家に逮捕状を出し、一方では最後の手段として、左翼作家を逮捕し、拘禁し、秘密のうちに死刑にして、いまだに何の発表もしない。これは、一面では彼らが滅びつつある暗闇の動物であることを証明していると共に、一面ではまた中国の無産階級革命文学陣営の力量を実証している、なぜならその略伝(処刑された柔石・胡也頻など青年作家の略伝)に見られるように、われわれの殺害された数人の同志たちの年齢、勇気、とくに平生の作品の成果は、すべての走狗どもに吠えつくことをできなくするに十分であるからだ。

 だがわれわれの数人の同志はすでに暗殺されたのである、これはもちろん、無産階級革命文学の若干の損失であり、われわれの非常に大きな悲痛である。だが無産階級革命文学はやはり成長を続けている、何故ならこれは革命的な広大な勤労大衆に属する文学であり、大衆が存在し、力強くなるだけ、無産階級革命文学もそれだけ成長するからである。われわれの同志の血は、無産階級革命文学が、いまや革命的勤労大衆と同じ圧迫、同じ虐殺をうけ、同じ戦闘をし、同じ運命をもっていて、革命的勤労大衆の文学であることを明らかにした。

 今日では、軍閥の報告によれば、六十歳の老婆さえ「邪説」に毒されているというし、租界の巡査は小学校の児童に対してさえ、たえず検査を行っている。彼らには、帝国主義からもらった銃砲と数匹の走狗の外は、もうなに一つもなくなろうとしている、あらゆるものが、老人や子供さえ――青年はいうまでもない――ただ敵である。そして彼らのこれらの敵は、すべてわれわれの側にいる。

 われわれがいま、十分の哀悼と銘記をもって、われわれの戦死者を記念するのは、中国の無産階級革命文学の歴史の第一頁が、同志の鮮血で記録されて、永久に敵の卑劣な凶暴性を顕示し、またわれわれの不断の闘争を啓示していることを、しっかり記憶にとどめるためである。

   (右は中国左翼作家連盟の機関紙『前哨』が、虐殺された左翼作家のために「戦死者記念号」を出したとき、巻頭にかかげられた一種の声明文といえるもの――訳者)

推荐阅读:
【中日对照】小さな出来事/一件小事(鲁迅)2008/1/25
春天的感觉(中日对照)2007/11/28
五斗の米のために腰を折らない2011/3/24
日文版论语 “老而不死,是为贼”2014/2/10
2011年12月日语能力考成绩查询

更多>>热点互动